西宮市ノーマライゼーション推進事業

■西宮市ノーマライゼーション推進協議会の活動推進
 国際障がい者年のテーマである「完全参加と平等」の実現をめざし、昭和56年(1981)1月に「西宮市国際障がい者年推進協議会」が結成され、平成15年(2003)5月に現在の名称に変更し、民間団体をはじめ、市、県の行政機関等、44団体で活動しています。
 障がいのある人ない人にかかわらず、市民相互のふれあいを深める機会をつくり、市民ぐるみで「共に生き 共にはぐくむ 福祉のまち」の実現に努めています。
 主催事業として、障がい者問題に対する市民の認識を深め、障がい者福祉について考える場づくりとして「輪イ和イひろば」等を開催しています。