「青葉園」のできるまで

「青葉園」のできるまで(設立経過)について

「青葉園」成立の経過は、市内の重い障害のある人たちやその家族がこの街で暮らしをきり拓いてきた活動展開の歴史そのものであるといえます。

 

 「何とかこの西宮で必要な訓練を!」と保健所の療育相談の待合室から始まった、障害児の父母による就学前の通園訓練施設づくりの運動。そして年齢が進むにしたがって「どんなに障害が重くても学校に通いたい!」と就学運動に発展していきました。その結果、他市にさきがけて、1960年代後半から70年代の初めには、市内での肢体不自由児通園施設の設立や、重症児の学校教育保障が実現しました。

 

 この経過が、やがて学校教育終了後の成人となった重い障害のある人たちの西宮市内での活動の場づくりにつながっていき、最重度の障害のある人たちの地域生活拠点を生み出していくこととなりました。

 

 1970年代前半にはすでに、障害の重い養護学校卒業生のための親子での作業サ-クル的場から発展した作業と生活体験のセンタ-「作業グル-プ」や、さらに肢体障害が重く作業的活動の困難な卒業生のために社会教育の場として位置付けられた市教委による成人講座的集まり、「生活教室」。そしてまた、養護学校にも就学できず、家から一歩も出ることもなかった非常に重い障害の人達への家庭訪問活動から発展し、閉じこもらず、家から出て集まってみようと始まった「未就学在宅者のつどい」等の活動が生まれていました。

 

 いずれも地域の中で生きていこうとする障がい者自身とその家族、そして教師、福祉関係者、ボランティア等、さまざまな人の尽力により作られてきたものです。こういった中で、これらの活動の場の、整備統合が西宮市により進められ、市からの運営費を得て、西宮市社会福祉協議会の運営として1981年に誕生したのが現在の「青葉園」です。

 

 園が成立してからも、その成立にいたるまでの理念から、学校教育終了後、地域での活動の場がえられず、まったくの在宅状態になってしまう人がないよう、定員や通所年限を設けることなく、毎年最重度の養護学校卒業生を受け入れ続けてきました。

 

事業紹介

小地域福祉活動
ボランティアセンター事業
高齢者等支援関連事業
青葉園事業
育成センター事業
会員会費制度
善意銀行事業
相談