西宮市高齢者・障害者権利擁護支援センター

権利擁護支援センターってなに?

私たちは、ふだんの生活の中で、「選ぶ」・「決める」・「利用する」ということを繰り返して生活をしています。そして、誰もが住み慣れた地域で『自分らしく』暮らし続けられることを願っています。

■障がいのある人や高齢者が、自分らしく暮らし続けることが難しい状況になっている。
■お金の管理や介護の不足などで、不適切な状況になっていないか心配。
■その方の本来持っている権利や使えるはずの制度が、うまく活用できていない。

私たち権利擁護支援センターは、そのような時に、市民の方々がこれからも長く地域で暮らし続けられるように、関係機関とのネットワークをいかしながら、支援させていただきます。

権利擁護支援センターはどんなことをしているの?

権利擁護相談

福祉センター内にある窓口やお電話にて、さまざまな権利擁護に関する相談や成年後見制度の利用の手続きなどに関する質問をお伺いします。手続きなどのお手伝いや必要に応じた支援を行います。

権利擁護専門相談会(相談料無料・要予約)

成年後見制度の利用や権利侵害などへの法的支援や福祉的支援を行います。相談は予約制となっており、法律職(弁護士・司法書士)と福祉職(社会福祉士など)が対応いたします。相談をご希望の方は、まず当センターにお問い合わせください。

毎週水曜日実施 ※但し5週目は休み
13時~16時の相談枠で約60分の相談対応

その他

福祉サービス利用援助事業や「法人後見」機能の提供などの実施。

権利擁護支援センターは、ご本人が地域で孤立することなく、その人らしい生き方ができるよう、みんながつながり一緒に考え支援する輪を、つくっていくことをめざします。

*問い合わせ先*
西宮市高齢者・障害者権利擁護支援センター
TEL:0798-37-0024
FAX:0798-37-0025
(電話対応:月曜~金曜までの9時~17時)

*運営主体*
社会福祉法人 西宮市社会福祉協議会
特定非営利活動法人 PASネット

事業紹介

小地域福祉活動
ボランティアセンター事業
高齢者等支援関連事業
青葉園事業
育成センター事業
会員会費制度
善意銀行事業
相談